うつ病・躁うつ病・統合失調症等、障害年金の申請代行なら

精神障害者の障害年金申請支援センター

うつ病・躁うつ病・統合失調症等、精神疾患及び人工透析等は障害年金の受給対象です。『400万円』貰えるかも。是非申請しましょう!

うつ病・統合失調症等の精神病や人工透析等の障害により障害年金を受給できる可能性があります。
年金というと高齢になってからもらうものという認識があるかもしれませんが、一定の障害状態で訴求請求となると、400万円の年金を受給できるかもしれません。

 

病気になった事を悔いるより

 

「その状態だからこそできる事をして欲しい!」
「今できる幸せを享受して欲しい!」

 

そういった理念で設立しました。

 

私達の周りには精神の病気で苦しんでいる方が多数いらっしゃいます。

 

病気の長期化
貧困妄想
睡眠障害
生きる価値を見出せない
医療費の負担が重く病院に行けない・・・

 

私達は、うつ病・統合失調症等精神障害者の障害年金受給、医療費削減等のサポートを通じ、自己肯定の手助け、治療環境改善に寄与したいと考えています。

 

「うつ病・統合失調症・躁うつ病等の状態だからこそ、障害者年金を申請する権利があります!」
「保険料を支払ってきたからこそ、障害者年金を申請する権利があります!」
「でも、申請しなければ1円も支給されません!

 

病気になって5年以上の方は、遡って5年分「400万円」纏めて障害年金を受給できるかもしれません。

 

申請する上で障害になっている事があれば、気軽にご相談下さい。

 

 

当事務所(東京都府中市)には、カウンセリングの専門家、臨床心理士が常駐しています。
臨床心理士が常駐している障害年金申請支援機関は、東京はもとより、日本国内に殆どないと存じます。
眼に見えない、伝わりにくい精神の病状を少しでも理解したいと考えているのです。
みなさんの辛いお気持ちを理解しつつ、年金の専門家たる社会保険労務士が、皆様にとって、後悔の少ない申請ができるよう最大限努力しています。


 

高橋社労士事務所(東京都府中市)
代表 高橋知徳

 

 

精神障害者の障害年金申請代行支援センター

 


障害年金申請を行い認定されたら、年金受給金額はいくら?

 

障害基礎年金(1級)の年金額は973,100円/年
障害基礎年金(2級)の年金額は778,500円/年
障害厚生年金(3級)の年金額は583,900円以上/年
です。

 

障害年金は受給資格があっても申請しなければ1円も受給できません。
制度を知らずに理解不足で生活に苦しんでいる方が多数いらっしゃいます。
当センターは1人でも多くの方が適正な年金を受給できるよう申請サポートしています。

 

障害年金申請のお問い合わせはこちらまで

 

 

観光庁が支援する「ポジティブオフ運動」に賛同しています。
長期的にワークライフ・バランスの実現や休暇を楽しむライフスタイルなどの「ライフスタイル・イノベーション」につなげていくことを目的として、内閣府、厚生労働省、経済産業省と共同して提唱・推進

 

精神疾患者のための障害年金支援センター
運営:知って徳する高橋社労士事務所(東京都府中市)

 

<お問い合わせ先>


精神疾患者のための障害年金支援センター

メール takahashi@shi-ttoku.com

電話 042-576-5310


ページの先頭に戻る


⇒HOMEへ

お問い合わせ先


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 障害年金受給要件 障害年金申請代行の流れ 料金表 問い合わせ先